読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのわのお散歩

木工、染織の工房「つきのわ」と柴犬「小豆」の日常

小豆の幸せは僕らの幸せ - 2015-

こんばんわ。ヒゲです。

早いものでもう年末ですね。

今年もたくさんの人にお世話になりました。

この場を借りて、お礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

タイトルは今年のはじめ、テルミーと二人で決めたテーマです。

『小豆の幸せは僕らの幸せ』

小豆はこの一年幸せだったでしょうか?

 

不機嫌なときはノドの奥から『ファ"ーオ』と訴えかけてくる小豆。

寝転んでいるときに撫でても、起き上がりもせず気持ち良さそうにしている小豆。

室内で一緒に暮らすようになり、より色んな表情を見せてくれるようになった小豆。

 

どんなに面白くない事があっても部屋の隅で丸くなっている小豆を見ていると、すーっと気持ちが落ち着きました。

小豆はこの一年幸せだったでしょうか?

僕たちはこの一年、小豆のおかげで幸せでした。

 

年明け、前職場を退職しバタバタと由利本荘市に引っ越し。

家の片付けと、独立開業に向けた準備。

オープニングパーティとして行ったつきのわ広場。

初めての出店。初めての卸。初めての外注作業に、初めての材料注文。

初めてだらけの毎日の中で、テルミーとの結婚。

 

毎日の小さな幸せが積もり積もって、柴犬顔の一家を暖かく包み込んでくれているようです。

 

テーマとは別にリストアップした目標15個のうち、

達成できたのはわずかに3つでした。

ただ目標としていた事とはまた別に、むしろそれ以上にやれたこと、得た事は多かった年だったのではないかと思います。

仲良くしてもらっているカフェオーナーの先輩は『プロ野球選手だって3割打てればすごい成績なんだから、やりたい事の3割も出来れば上出来だ。』とよく言います。

そうですよね。うんうん。

 

最近テルミーに言われて印象に残った事、

『ここ数日で『長い人生』ってワードがちょくちょく出てくるんだけど、極端に言えば明日生きてる保証だって何処にも無いんだよ。』

確かに、その通りでした。

明日、いきなり死ぬって可能性はすごく低いかもしれないけど『無い』訳ではない。

当たり前の事だけど、何時いなくなってもいいように、好きな事をしながら生き、

自分の気持ちはちゃんと伝えて、毎日大切に生きる。

それに尽きるのかなと思ったこの頃です。

 

来年は申年。

小豆とはあまり相性がよくなさそうな干支ですので、

上野動物園で見たたくましいゴリラの背中の画像でも貼っておきたいと思います。

 

f:id:azukinotsukinowa:20151230200940j:plain

 

たくましい。。。

こんな背中を持つ漢を目指して、2016も頑張ります。

 

皆様、良いお年を!