読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきのわのお散歩

木工、染織の工房「つきのわ」と柴犬「小豆」の日常

七時雨マウンテントレイルフェスに出場してきました

f:id:azukinotsukinowa:20150617230931j:plain

 

こんばんわ、ヒゲです。

 

週末、岩手県七時雨山で開催されましたトレイルランのレースに出場してきました。

 

初レース。

一般の部、コース全長34km。

 

山登りには冬場以外は月に1〜2回、高校時代は陸上部にて混成八種を競技し、タバコも数年止めている…

雪解けと共にロードでのトレーニングを開始し、

そこそこの体力はついてきている…

 

つもりなだけでした。

 

実際、アップダウンのあるトレイルでのトレーニングをほとんどしていなかったために、

30男の鈍りきった膝は凄まじい悲鳴をあげ、

足がつりそうになるのを必死でこらえながら、

登山者よりもゆっくりな足取りで前に進むのがやっとの状態。

 

膝の痛みを紛らわす為、般若心境を頭の中で唱えながら進むも、

中途半端にしか覚えていないのでいつも同じ所で止まってしまい、そこで痛みの感覚が倍増していく悪循環…

 

気持ちだけは前に進んでいるのに、体力は切れてる訳じゃないのに、足が痛くて前に進まない。

女子選手も颯爽と駆け抜けていく、本来ならば最高に気持ちいいはずのゆるい下り道も、自分にとっては針のむしろの上を転がっているような苦痛。

 

あぁ神様。

確かに私は山を、トレイルランを、自分の体力を、甘く見ていました。

でも、こんなにも、こんなにも…きついものなのでしょうか?

これって楽しいの?苦行じゃないの?…

 

様々な思いに潰されそうになりながら、意識を繋ぎ止めてくれたのは、

所々に立っているボランティアの方々の声援、ランナーの方々の気遣い、吹き抜ける風だったり、歩いてたから気付いた花だったり。

 

 

そうこうしているうちに、ゴール。

完走です。

走ってないけど、完走です。

 

あ、これが山を走るって事なのかなと少しだけ、分かった気がします。

でも次回は、もっとトレーニングをつんで出直したいと思います。

 

f:id:azukinotsukinowa:20150617231014j:plain

 

あれ?また出るつもり?

になってしまうのが山の素敵な所なんだな、とつくづく思った1日でした。